Text by Daishi "DA" Ato Photo by Kana Tarumi

西村:なかなかこんなふうにゆっくり話すことってないですよね。

TGMX:そうそう。FEVERにいても長くしゃべる時間がないですもんね。

西村:ライブハウスの人のスタイルにもよると思うんですけどね。2次会3次会まで打ち上げにつき合う人と、あくまでもお店の中でライブをどう面白くするか考える人と。俺はそんなに打ち上げについていくタイプでもないし、特に昔はお酒も強くなかったんですよね。TGMXさんたちと知り合ったのは90年代のスキャフル(SCAFULL KING)のころで、あのときは全然飲めなかった。

TGMX:あんな時代に酒が飲めないなんて(笑)。

西村:あのころの打ち上げは毎晩すごかったですからね。

TGMX:イスが飛びかったりするような打ち上げだったからね。マジで喧嘩してるのを、俺らが笑いながら止めたりして(笑)。でも、ライブハウスの人が打ち上げまでつき合ってたら体壊しますよね、絶対。

西村:それ言ったら、バンドマンの人はすごいですよ。

TDC:でも、バンドマンは次の日が休みだったりするからね。

TGMX:しかも、西村さんの場合は、「今日は飲みますか!」みたいなヤツらが毎日来るから(笑)。

西村:そういうことは少なくなりましたね。最近、下北界隈にいるバンドマンは昼飲みしてることが多いんですよ。昔はライブが終わって次の日の昼前まで飲んでるスタイルが多かったけど。

TGMX:確かに昼飲みしてる人は多いかもしれない。

TDC:最近のシェルターは昼の部が多いから、それが終わってからずっと飲んじゃうっていうのがあるのかもね。

TGMX:ちなみに、FEVERは昼の部ってやってるんですか?

西村:たまにやってますけど、夜の部でリハを長くやりたいバンドが増えてきて、しかもみんな早い時間に入りたがるので、そのせいで昼の部があまりできないっていう状況はあります。

TGMX:でもリハは関係なく、FEVERは早く来たくなる場所だよね! なんでだろう? 俺らは家が近いからかもしれないけど。

TDC:自転車で来られるからね。

TGMX:14時入りって言われても13時半ぐらいにはもう入ってる。楽屋がいいからっていうのもあるよね。あそこまで楽屋が広いライブハウスはなかなかない。

西村:俺が最初に思い描いてたのは、カッコいい先輩のバンドが年を重ねて子供ができたときに家族を連れてこられる環境をつくるために、楽屋を広くしたり、ライブハウスの隣に飲食店を置くっていうイメージだったんですよ。

FBY_N0002.jpg

TGMX:確かに、子連れのミュージシャンは多いですもんね。

西村:だから、「FEVERだったらライブしに行ける」っていうバンドマンとか、「FEVERだったら観に行ける」っていうお客さんは最初から狙ってはいたので、それはよかったと思ってますね。

TGMX:ヘタしたら楽屋でライブができますよ(笑)。

西村:海外のミュージシャンによく言われますよ、「なんでフロアを広くしないんだ」って。でも、「このキャパだからこそできる面白いことがあると思うんだよね」って伝えると、ちゃんと理解してくれるんですよね。楽屋を狭くして、その分フロアを広くしたら、俺がやりたいことはできないんですよ。ところで、フロンティア(FRONTIER BACKYARD)を始めて何年になるんですか?

TGMX:15年です。

――:フロンティアだけで15年かあ! いつの間にかそんなに長いこと活動していたんですね。

TGMX:ちょっと軽い気持ちで始めたバンドがメインになってきちゃったっていう。

――:スキャフルとフロンティアみたいに、2つのバンドでしっかり存在を確立できている人たちってなかなかいないですよね。

TGMX:確立してんのかなあ?

――:してるじゃないですか!

TGMX:そうかあ......そう言われるとうれしいねえ!(笑)FEVERにはSCAFULL KINGの撮影場所としてお借りしたりしてお世話になってるけど、フロンティアもずっとお世話になってますね。我々は家から近い場所にあるから本当にうれしくて、バンド観ながら飲むっていうイメージで遊びにこさせてもらってるし、勝手にホームだと思ってますよ。

西村:そう思っていただけるのはありがたい話です。

TGMX:"FEVERづいてる"って言葉があるぐらいですから。しかも、FEVERの公演は他のバンドから誘われることも多くて。ということは、俺たちの周りもみんなFEVERでやってるんですよ。そういうのもいいですよね。

loading ...

PICK UP EVENT

19.11.17 (Sun)
19.11.19 (Tue)
19.11.25 (Mon)
19.11.26 (Tue)
19.11.30 (Sat)