PoPo Next Exhibition

クドウヒロミ 個展
-fragments collective-

2010年4月16日 ~ 2010年5月9日

opening party 
4月16日金曜日

closeing party 
5月9日日曜日

exhibitionDM-F.jpg
live edition @ FEVER
4月28日水曜日

クドウヒロミ/poncho(KAP1000) +
kawanaka megumi(Tabla Dha) + tonchi /
竹久圏(kirihito) + 茶谷雅之(mosat/久土'N'茶谷)
+ L?K?O / Alaya Vijana[ヨシダタイチ /
Aya(ooioo) / OLAibi(ooioo) /
Kohei(SUARA SANA)] /
Fucked+伊藤篤宏(optrum)

OPEN 18:30 / START 19:30
entrance fee ¥2000 (+1drink)
FEVER店頭にて 4.18(sun) Ticket on sale!!

4-28-F.jpg 
クドウヒロミ/poncho KAP1000
1976年 東京生まれ。
2001年 東京水産大学(現東京海洋大学)卒業
大学在学中より写真作品の制作などを始め、2000年より神保町美学校にて、鍋田庸男氏、佐藤裕介氏、松村宏氏、松蔭浩之氏、宇治野宗輝氏、伊東篤宏氏などに師事し、シルクスクリーンなどを使った作品の制作を始める。
同時に大学在学中より、ライブイベントの企画なども始める。
その後、不定期にライブイベントの企画をしたり、2001年にはアパレルユニットKAP1000を立ち上げ、活動を開始する。(KAP1000の項目を参照)
クドウ個人としては2001年からいくつかのグループ展に参加したり、2003年に美学校屋上にて展示を行ったり、2002年からunimondiなどでライブイベントに参加するなどの活動を経て、今回が初の個展となる。
また、2006年よりキックボクシングを始め、ジムの選手にキックパンツを制作したりしながら、今後の作品に活かす方法を画策中。

*KAP1000*
アパレルブランドとしては、2001年より活動開始。当時は、ponchoが同級生と三人で始めたブランドだったが、その後何となく一人で1年程活動。
2003年より主にデザイン、テキスタイルを担当するponcho、主にデザイン、ソーイングを担当するdidの二人で本格始動へ。
eye、L?K?O、olaibi+itaci、U-zhaan(ASA-CHANG&巡礼)、simon、wise、unimondiなど、様々なミュージシャンへの衣装制作や、商品の製作販売、ライブイベントの企画等、様々な活動を展開して行く。
その中で、現在vol.2まで行われているライブ&アパレル製作ショー『L.A.S.』シリーズを企画し、音楽ライブとペインティング、ソーイングのライブでの共演をきっかけに、「ミシンのノイズ」問題に直面し、敢えてその「ミシンのノイズ」と生地の裁断時に聞こえる「ハサミのノイズ」を音源に演奏しながら服など制作する現在の手芸バンドのスタイルにたどり着き、2005年よりアパレルブランドとしての活動と並行して、バンドスタイルでライブ出演などを始める。
ノイジーなスタイルでサポートメンバーtadaのドラム、現代美術家宇治野宗輝のローテーターズ(ターンテーブルにオルゴールのような突起の付いたアナログ盤を載せ、トリガースイッチの先に数々の家電を付けた、アナログテクノシステム)等とのアッパーなライブなど、様々な進化を遂げている。
2007年には映画 『雲南カラフリー』の関連イベント(渋谷アップリンクファクトリー)にホーメイの山川冬樹氏との共演、アートブック『wagginus』に参加し、発売記念イベントや展示に参加し、2008年には『wagginus』をきっかけにブエノスアイレス在住アーティスト三上絵里子とのライブ共演(六本木Super Deluxe)や映像作品の共作などをする。
服、サウンド共にライブごとにショーとしての完成度をメキメキ上げ続ける、今日この頃...。
近年はdidのポールダンサー、メガネとしての各方面で活躍や、ponchoの今回の個展など、個々の活動にも力を入れている。

loading ...

SEARCH