FEVER、被災地へ

FEVERオーナー件店長、ブッキング担当の西村と申します。
3/17より二泊三日で東北被災地へスタッフと行って参ります。
震災から二ヶ月、はっきり言って東京の生活は元に戻っています。もちろん悪い事ではなく、経済を潤滑に動かしていく姿勢は大切です。でも、忘れては行けない事を忘れがちに日々過ごしている事も事実かと思います。正直自分もそうです。なので、行ってきます。
東北の親しい友人やバンドマン、ライブハウスが動いています。生活しています。その仲間に会ってきます。被災した場所を見に行ってきます。
はっきり言って、ここ1ヶ月ほどパニクっていました。情報が多すぎる。自分ではまとめきれませんでした...なので、今回は物資などを極力集めて「行くぜ行くぜ!」と奮い立たせる事ができなかった。「自分が出来る事からやっていく」と決めていたので、信頼出来る方の直接な情報を集めていましたが、それでも情報は自分の頭の中で絡まった。そして1度割り切りました。まずする事は「会いたい友人に会い、被災地を直接見る事」その後でも出来る事が絶対にあるはずだと考え直しました。

現在、数人から「FEVERにて今回の被災に関してのイベントを行っていきたい」と言われています。その数人は全てにおいて信頼出来る方々です。ミーティングを重ねてやれることから全てやっていこうと思っています。
具体的な進行はこれからだし、音楽のイベントだけではなく、トークや写真展、フリーマーケットなどカタチは変わっても「支援する」という根本は変えない。FEVERという空間を使って出来る事をやっていきます。

一度行ったからで全てが分かる事もないと思っています。でも、まずは現場に行ってから。

行ってる間はFEVER ツッタカターで現地の様子をあげていきます。全く持って関係ないことなどもあがっていくと思いますが長い目で見てやってください。また、現地にはFEVERが誇る文学ROCK BANDパッションパッションパッション(nature call me)(バンド名)の2名が同行、動画も押さえてくれるので、編集したものを後日HPにUPしていきます。

今回の震災にて亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
そしてご遺族の方々に、哀悼の意を表したいと 思います。

音楽は世界を救うことが出来る。そう信じて。

FEVER:西村等

loading ...

SEARCH